引越し業者artisokkaさんの仕事

引越し業者さんの作業

引越しと言うと大変というイメージがありますが、今の時代はそんなに苦労しないと私個人としては思います。
引越し業者さんの作業がとても早く、丁寧なのです。

 

見ていて爽快感を感じるくらいスムーズな作業をしてくれて、私としては満足でした。
皿一枚でも丁寧な梱包をしてくれるし、家電や家具も慎重に早く運んでくれます。

 

とにかく作業ひとつひとつに気を配ってやってくれているという感じです。
だから私も何も心配することなく任せることができました。

 

引越し業者さんも人間ですから失敗することもあると思います。
でも私が引越し作業を頼んだ時は、特に大きなミスやトラブルもなく、早くに作業を終わらせてくれました。

 

対応も良かったですし、引越し業者さんの実力を見た気がしました。
引越し先に荷物を運んだ時も素早く荷物を運んでくれて助かりました。

 

家電や家具も丁寧に設置してくれましたし、壁に傷をつけることもなかったです。
最近の引越し業者さんは本当に信用できると思った瞬間でした。

普段生活をしていると、引越しをするのが大変そうだという理由で物を買い控えることがあると思います。
実際、引越しをするときに色んなものを捨てますが、多くのゴミになるものが衝動買いで手に入れたものだったりします。

 

なので、引越しの手間を省くためにも日々物を捨てていく生活を心がけると、いざ引越しのときに本当にラクです。
方法は簡単で、収納に入りきらないものは捨てるというルールを作るだけです。

 

一度使ったものは収納へ戻す、という基本サイクルをしながら、追加で購入したもので押し出されるスペース分を、収納の中にあるいらないものから交換していきます。
これでプラマイゼロになるわけです。

 

これを続けていれば、物は決して多くなりません。
そして引越しが決まったらダンボールに収納にあるものだけを詰め込んでいけばいいわけで、非常に効率的に作業が進みます。

 

このやり方をするだけで作業日数が2〜3日は短縮できます。
物がキャパシティを超えることで引越し作業は大変になるので、日ごろから解消することを心がけましょう。

続きを読む≫ 2014/07/14 19:50:14

私は三人家族ですが、数年前に引越しを体験したことがあります。
引越しをするにあたっては、私は荷物の整理や掃除などがとにかくしんどかった思い出があります。

 

家族の荷物はそれぞれ段ボールに誰の持ち物かを書いておいたり、どこのお部屋にあったものなのかを書いておいたりと、家族が多い場合には段ボールにメモをしておくとおすすめです。
家族での引越しは、家族のスケジュールを合わせるようにすることが大切ですし、住所変更の手続きなども人数分しないといけないので意外と大変でした。

 

一人暮らしでの引越しだと自由なペースで動けますし、自分の分の荷物しかないので気楽でしたが、家族での引越しは荷物が多いですしスケジュールの調整などが大変でした、引越しをするにあたっては、物件を選ぶのにも意外と苦戦した思い出があります。
家族内で希望が分かれたりしてみんなが満足いく物件選びをするのには結構時間がかかったので、引越しは早めの準備が大事だと思いました。

続きを読む≫ 2014/06/23 05:36:23

進学や就職などで引越しをすることが決まったら、そこで安心してしまわずすぐに行動に移す必要があります。
引越しは思った以上に時間と労力の掛かるものですから、十分に時間を確保して取り組みましょう。

 

1.業者の選定まず引越しを依頼する業者を選びましょう。
早い時期から連絡を取っておけば、スケジュールなども比較的調整しやすいため、ギリギリになって焦る心配もありません。

 

2.引越し先の調査引越し先がどういったところなのかを調べることも重要なポイントです。
新たに生活を始めるわけですから、公共交通機関までの距離や行政機関の有無、スーパーなどが近いかなど生活に欠かせない点をリストアップして調査しておきましょう。

 

もちろん、引越し先の住宅についても再度、確認しておくことが大切です。
特に大きな家具などを運ぶ場合、本当に入り口から入るのかなどサイズの確認も欠かせません。

 

3.持っていかないモノの処分引越しでは、出来るだけ持ち運ぶモノを減らすことが費用を抑えるポイントです。
ですから、新たな生活に必要ないと判断したモノはさっぱりと処分してしまうようにしましょう。

 

時間があればリサイクルショップなどを回って買い取ってもらうというのも良いですし、面倒だという方はゴミに出してしまっても問題ありません。

続きを読む≫ 2014/05/29 19:50:29

私の妹が高校生になるときに、千葉県の高校に通うために一人暮らしを始めることになりました。
このとき親戚に引っ越しを請け負えるという人がいて頼んだのですが、失敗でした。

 

引っ越しのときに親戚の人が2人できたのですが、一言でいえば雑です。
荷物の運び方や、梱包の方法、積み込むトラックも小さく、何故引っ越しを引き受けられるなどと言ったのか疑問思うほどです。

 

妹が借りることになるのマンションに荷物を運びいれるときも、床に段ボール箱をドンッと雑に置いて、しっかりとテレビなども設置せずに、さっさと帰っていきました。
それで料金は10万円も取られたのです。

 

本当に散々な引っ越しでした。
親戚など関係なく、しっかりとした引っ越し業者に頼めば良かったと心から思います。

 

やはり引っ越しはしっかりとしたノウハウを分かっているプロでなくてはだめです。
素人同然の親戚や、素人に毛が生えた程度の格安業者に頼んで後悔することがないように、引っ越しはある程度有名な業者に頼むのが良いかもしれません。

続きを読む≫ 2014/05/28 19:50:28

私は就職してから9年の間一人暮らしをしていました。
実家から30分程度の場所にアパートを借りました。

 

始めての一人暮らしでしたが、全て自分で動いてみようと不動産屋さんをまわりました。
不動産屋さんは様々であっさりしたところもあれば親身になってくれるところもあったり。

 

親身になってくれたところでアパートを一緒に見に行き決めました。
大きな家具や家電は購入し、直接運んでもらいました。

 

一からお部屋のレイアウトなど考えることはとても楽しかったのを覚えています。
その他の服や必要なものは、家も近かったこともあり何回かに分けて車に乗せて実家からアパートまで運びました。

 

荷物はそんなにないだろうと思っていましたが、運んでみるも意外にもたくさんありました。
だから往復した数は4回くらいはありました。

 

前持って借りていて入居するのが一週間後であったので余裕を持って引っ越しすることが出来ました。
食器や調理器具などは入居してから徐々に必要なものや自分の好みのものを集めていきました。

 

近いということもあり引っ越し会社を使わずに行いましたが、ゆっくりと出来たので引っ越し作業も楽しく行えました。

続きを読む≫ 2014/05/28 05:33:28

持家がある二人の引っ越し先は本州最北端を超えて、その先の島であった。
車2台に最小限の荷物を積み、フェリーで海路はるばる小樽まで。

 

まだ住むところも決まらないまま、現地のビジネスホテルにチェックインして、そこの回線と持参のPCを使ってネットで家さがし♪レオパレスなら家電も炊事用品も寝具もそろっているけれど、どれも部屋のつくりが同じで狭すぎる。
というわけで、もう少しグレードアップして、月5万ほどの新築の賃貸物件を借りる。

 

駐車場が2台分縦に並んでいる。
・・・のはちょうどよかった。

 

しかし、それが横に何列もある。
奥に止めた車はどうやって出ろと?どうやら、一家で2台所有している場合はそこを使うらしい。

 

1台なら2台分の駐車料金になるという単純な仕組みのようであった。
雪国なので、1台は4WDだったので冬仕様でスタッドレスをはく。

 

もう一台は軽なので、低燃費の長距離向け夏仕様ということで、冬の間は温存する。
そして最低限の荷物を運びこみ、北国での新しい生活のスタートとなるのであった。

続きを読む≫ 2014/05/26 19:50:26